読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺なりの音楽理論

自分独自の解釈によるやさしめの音楽理論や機材の話などをメモがわりにまとめる場所です。

耳コピを早くするための理解 その4の補足:スケール、平行調について

スケール構成音では、C=Am! 早速誤解を生む書き始めとなってしまいましたが。 あるキー(調)をひとつ設定し、そのキーを主調と呼んだりします。主張に対して様々なキーが生まれますこれを関係調と言います。言葉だけ説明するので、流し読みしてください。 …

耳コピを早くするための理解 もくじ

耳コピをしよう! 耳コピすると色々役立つので、みんなどんどん耳コピしていこうな! そこで、最低限の知識を知っておくと耳コピのスピードが格段に早くなるんだ! そんな基礎的な音楽理論を俺なりの解釈で噛み砕いてみたので、もしよかったら読んで欲しいと…

耳コピを早くするための理解 その4の例「紅」X JAPAN

紅だァーーーーーーーッ! X JAPANを代表する名曲、紅(くれない)のキーはなんなのでしょう?それを知るために、サビのメロディーを少しだけ耳コピしてみましょう。

耳コピを早くするための理解 その4:ダイアトニックスケール

スケールとは 音階のことです。音階とは、音を高さ順に並べたものです。 ドレミファソラシドっていいますよね?あれはスケールの一つです。Cメジャースケールと言ったり、Cメジャーのダイアトニックスケールと言ったり。またCアイオニアンスケールとか言うこ…

耳コピを早くするための理解 その3:コードの構成音

コードとは!度数の役割から見る 前回はルートをひとつ定めて、様々なコードの例を見てきました。 コードというのは、ルート(R)・3rd・5thが基本の形を成します。今回は、3rdや5thがどのようなポジションなのかをサラっと書いてみます。

耳コピを早くするための理解 その2:和音(コード)

コード 和音、すなわちコードとは、3つ以上の高さの違う音で構成された一緒になっている音の塊です。バンドスコアの上の方に書いてある「C」とか「Am7」とか「F♯add9」とか…アルファベットや数字で構成されているものです。 「和音はギターやピアノが弾くも…

耳コピを早くするための理解 その1:音程と度数

はじめに この記事は俺が今まで10年間独学で学び、なんとなくで培ってきた音楽理論を文章にしたものです。noteに書いていたものを今回改めて纏めるにあたって、理論書の目次を参考にしました。その順に説明するとスムーズだと思ったのです。

ベースでのコード弾き

はじめに ベースでもコードは弾ける!やや押さえづらかったり音が濁ったりもするけど、弦間の度数がすべて同じだから、同じフォームでコードを鳴らせるぞ! 基本パターンをいくつか書いていきます。コードの知識については別記事参照。 耳コピを早くするため…

ヘヴィメタルはEマイナーで出来ている

ヘヴィメタル という音楽のジャンルがあります。どんなジャンルかというと、 速い、うるさい、重い、低い、高い、難しい、カッコいい、ダサい、ズゴゴゴゴゴゴゴドコドコドコドコイヤアァーーーーー って感じですね。95割これです。 そんなヘヴィメタルです…

グルーヴについて その1

はじめに 今回は恐れ多くもグルーヴについて書こう…と思ったのですが、俺が語れる内容なんて全くと言っていいほどないので、自分で学びながらどんどん更新していこうと思います。

俺の相対音感の鍛え方

はじめに 俺なりのやり方を書いているだけです。一々「○○だと思います」とか書くのが面倒なので、全部断定の形で書きますので、以下はあくまで俺の考えということを念頭において下さいね。あとベーシスト寄りの考え方になってます。 相対音感を鍛えよう 相対…

よくやる・効きそうなベース練習:スケール利用の左手強化

はじめに 俺がいろんな人から聞いたりネットで見たりしたベース練習をまとめたやつです。自分でよく実践してるものや聞いただけのやつもとりあえず載せているので効果は保証しません。ここに書いてから自分でも色々試して見ます。 色々偉そうなこと書きます…

はてなブログでやることにします。

今までnoteで書いてきたけど、はてなブログで書く事にします。こちらだとPVとか確認できるそうなので、自己顕示欲の強い俺はこちらに移行します。 ついでに今まで書いてきた記事のリンクをまとめておきます。 俺なりの音楽理論「耳コピを早くするための理解:…