わうがDTMに疲れたら書く日記

あるいは自分用の音楽メモ

JK In My Heart

 女子大生になったばかりの女の子が年上の彼氏に甘えてわがままな態度をとってしまうやつ。

 「仕方ないでしょ、私まだ子供なんだから」

 みたいな、自分から改善しようとしないやつ。あるいは、

 「普段は隠してる(つもりの)自分の中の子供な部分をあなたには見せちゃうんだから、心を許してると思って我慢してよね」

 的なお姫様的な心持ち。でも実際は

 「早くこんなの卒業したい。早く大人になりたい」

 という普通の少女の願望。

 

 

 なんか心の闇をいろいろこじらせてしまって、

 「あー、いっそ女子高生になれねーかなー」

 とか考えてしまうサラリーマン。仕事が大変なのだろうか。普段はゴリゴリのロックとか聴いてるけど、急にキャピキャピしたエレクトロニカとかガールズバンドとかを聴き始めたり。大丈夫なのか。

 でもそれも、あくまで叶わない夢を冗談として口走っているだけ。酒の席のネタにもなりゃしない。

 「おおきくなったらガンダムになりたい!」

 という子どもの言う夢くらいあり得ない、そういった自覚は勿論ある。そんな成人男性の口先。

 

 

 「私は女子高生なんだ、体はおっさんでも心には女子高生のマインドが住んでいるんだ」

 という、普通にヤバいおっさんの妄想。

 

 

 

 みたいな曲を作ってます。この3人がそれぞれ主人公となる3Ver.の予定。いや、おっさんはやらないと思うけど

 「JK In My Heart」、アイデアが定まれば今月公開します。