わうがDTMに疲れたら書く日記

あるいは自分用の音楽メモ

耳コピを早くするための理解 その4:ダイアトニックスケール

スケールとは

音階のことです。音階とは、音を高さ順に並べたものです。

ドレミファソラシドっていいますよね?あれはスケールの一つです。Cメジャースケールと言ったり、Cメジャーのダイアトニックスケールと言ったり。またCアイオニアンスケールとか言うこともありますがこれはまだいいです(俺が説明できる自信がないので)。

今回で話の題材になるのは、ダイアトニックスケールというものになります。

 一曲でよく使われる音、それがダイアトニックスケール

一般に1つの曲にはメインとなるキー(調)が1つ設定されています。(勿論転調したり他のキーと行ったり来たりする曲もありますが、それはそれで。今回は1つのキーの曲の話をします。)

キーは全24種類。A〜G♯までの12音を主音(トニックとか言います)とし、それのメジャー(長調)マイナー(短調)があるので2倍の24種類ですね。

(例 Cメジャー、F♯マイナー などと言ったりします。コードの時にも触れますが、省略形で書く時は
Cメジャー →C
F♯マイナー → F♯m
などと、メジャーは表記を省略、マイナーは小文字のmを書いたりします。)

 

曲にキーが設定されると、その曲で使いやすい7つの音が生まれます。これをダイアトニックスケールと呼びます。同時に、この7音によるダイアトニックスケールがそのキーを作ると言ってもいいです。

つまり、A〜G♯までの12音のうち、一曲中でよく使われるのは7つだけなのです!!勿論例外はめっちゃありますが、12音全部使うような曲はそうそうないだろうし、スケールから外れた音を使うのも一瞬ってパターンが多いかと思います。

従って、コピーする曲のキーを知ることで、そのキーのダイアトニックスケールを知ることができ、耳コピの難易度が7/12位に減る!便利ですね!


ダイアトニックスケールを知ろう

しかし!曲のキーがわからないとお話にならないですね。それを知るために、ダイアトニックスケールについて掘り下げます。

ダイアトニックスケールの並び方は、主音に対して2種類あり、それぞれ長調短調を指します。説明するために、全音と半音について少し説明します。

全音と半音というのは、隣り合った音の距離のようなものです。ドとレの間は全音で、ドとど♯の間は半音、みたいな。

f:id:wauchangwau:20170227024847j:plain

 

鍵盤上で見るとわかりやすいです。

白の鍵盤(白鍵)同士の間に黒い鍵盤(黒鍵)があるとき、その白鍵同士は全音です。黒鍵を挟まないとき、半音です。

ギターでいうと、1フレットと2フレット間は半音、1フレットと3フレット間は全音です。(1フレットと4フレット間を1音半と言ったりもします。)話をダイアトニックスケールに戻します。

ダイアトニックスケールは7音で構成されており、全24種類の音階があると言いました。しかし実際にはスケールのはじめの音になる主音が12種類あり、長調短調の違いで2倍になっているだけなので、2つだけ覚えればいいです。

 

CメジャーとAマイナーです

Cメジャーのダイアトニックスケールから。

f:id:wauchangwau:20170227025541j:plain

C、つまりドから始まる音階になりますが、いわゆるドレミファソラシのこととなります。それぞれの音の間が、

 

全音全音 ミ 半音 ファ 全音全音全音 シ 半音 ド


となっております。間だけをとると、

 

全全半全全全半


となります。メジャーキーのダイアトニックスケールは、主音が違うだけで全てこの並びとなっております。


Aマイナーのダイアトニックスケールは、

f:id:wauchangwau:20170227025608j:plain

A、つまりラから始まり、ラシドレミファソという音階になります。音の間は、

 

全音 シ 半音 ド 全音全音 ミ 半音 ファ 全音全音


となっております。間だけをとると、


全半全全半全全


となります。メジャーと同様、マイナーキーのダイアトニックスケールも、主音が違うだけで同じ音の並びとなります。


先程ギターでの例を出しました。上の全音半音の規則に従ってフレットを進むことで、メジャーキー、マイナーキーのダイアトニックスケールを構成することができます。

f:id:wauchangwau:20170227030950j:plain

ギターの5弦3Fがドなので、そこから規則に従って音を並べるとこのようになります。これが5弦上のCメジャーのダイアトニックスケールになります。

また、この要領で各弦ごとに音を並べたものがこちらです。音名は省略しました。黒丸がルートであるCです。

f:id:wauchangwau:20170227031140j:plain

キーがCメジャーの曲だと、おおよそこの音だけが使われている、ということです。

 

この曲のキーは何?

曲にはキーがあります。キーは24種類。12の主音と、長調短調か。キーを知ることでダイアトニックスケールがわかり、その曲で主に使われている音がわかります。じゃあこの曲のキーは何?

それを知るために、サビのメロディを耳コピしましょう!できる範囲で構わないです。そんで、そのメロディ内で使われてる音を書き出します。

先程のダイアトニックスケールの音の並びに従うことで、キーをある程度絞ることができます。例↓

耳コピを早くするための理解 その4の例「紅」X JAPAN - 俺なりの音楽理論

 

例外もありますが、サビの最後の音がそのキーの主音というパターンも多いので、それをアテにするのもいいですね。

あと長調短調かですが、これは簡単です。

明るいと長調で、そうでもないと短調です。クソみたいな理論ですね〜。しかしクソなのは俺ですが、大体これで大丈夫です。

このように、キーを知ることができたらダイアトニックスケールがわかり、耳コピするにしてもどの辺りを弾けばいいかの検討がつきます!

その為にも、いろんな主音から始めるダイアトニックスケールの運指練習とかすると耳コピにも役に立つと思います。

次回はダイアトニックスケールに従って用いられる、ダイアトニックコードについて書きます。

 

耳コピを早くするための理解 その1:音程と度数 - 俺なりの音楽理論

耳コピを早くするための理解 その2:和音(コード) - 俺なりの音楽理論

耳コピを早くするための理解 その3:コードの構成音 - 俺なりの音楽理論

耳コピを早くするための理解 その4の例「紅」X JAPAN - 俺なりの音楽理論

耳コピを早くするための理解 その4の補足:スケール、平行調について - 俺なりの音楽理論

耳コピのための理解 その5:ダイアトニックコード - 俺なりの音楽理論