読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺なりの音楽理論

自分独自の解釈によるやさしめの音楽理論や機材の話などをメモがわりにまとめる場所です。

ヘヴィメタルはEマイナーで出来ている

音楽理論 メタル

ヘヴィメタル

という音楽のジャンルがあります。どんなジャンルかというと、

速い、うるさい、重い、低い、高い、難しい、カッコいい、ダサい、ズゴゴゴゴゴゴゴドコドコドコドコイヤアァーーーーー

って感じですね。95割これです。

そんなヘヴィメタルですが、曲のキーは「大体」Eマイナーであることが多いです。いや、もちろん他のキーも沢山ありますけど。他のジャンルに比べるとEマイナーの比率は高いかと思います。ではそれは何故か?理由になりそうな要素を上げていこうと思います。

 

 

低い音を出したい

メタル好きな人の多くは低い音が大好きです。ギターも半音下げや一音下げは当たり前、7、8弦ギターなんかも使ってまで低い音を探求し続けています。

そんななかで一番スタンダードなギターの最低音はEです。従って低い音をメインに使っていきたい!というならEマイナーの曲を書く他にないというわけですね。

つまりは最低音にキーを合わせるという感覚です。ドロップDの曲ならキーはDマイナーが多いし、7弦ギターを使うならBマイナーが多いですね。

余談ですが、スラッシュメタルバンドMegadethのデイヴムスティンは「本当にヘヴィなリフはレギュラーチューニングでもヘヴィだ」と仰っています。音が低いからヘヴィ、というわけではないんですね。そこを勘違いしないようにしましょう。そんなMegadethが最近1音下げチューニングになっていることについてはノーコメントでお願いします。高い声でないからね、しょうがないね

 

コード押さえるのが楽

ギターを弾く上で必要になるコードですが、テンポが速くコードチェンジが忙しいメタルの曲中では、メジャーやマイナーなどのトライアドのコードよりパワーコードが多用される傾向にあります。理由は押さえ方が楽だからです。

そしてキーがEマイナーである時、一番使われるであろうEのパワーコードは1弦からxxx220と押さえればいいのです(わかりづらいので図を添付します)。そう、6弦開放弦が使えるから楽なのです!

似たような仕組みで次の理由も。

 

速いリフが弾きやすい

6弦開放をブリッジミュートしながら刻み、コードのトップノートが動いたりするようなリフがメタルには沢山あります(例:Painkiller,Battery,Holy Wars...)(あとで例を挙げます)。

これがもし、Eが開放弦じゃなかったら…?そう、弾きづらいんです。弾きづらいから速くするのも大変、曲のテンポがあまり上がらない…メタルとして致命的ですね(速い曲にしたいのに速くできないって意味でね、スローでカッコいいのは別)。

そういった演奏面でいうとキーを開放弦に合わせるのが都合がいいのです。なのでEマイナー以外にも5弦や4弦の開放であるAやDに合わせだAマイナー、Dマイナーの曲も多いですね。

 

まとめると

ヘヴィメタルの重要なファクターである「速さ」と「重さ」を追求した結果がEマイナーという形になるんですね。モダンなメタルだとまた変わってくるんでしょうけど、80年代スラッシュメタルなんかだとほぼほぼEマイナーだと思います。

だからEマイナーのスケールだけでも覚えとくと、メタル系のセッションで役に立ちます。コピーも早くなります。メタラー音楽理論の入り口にどうぞ。